ブラックスター ♪紀の川柿を食べよう!-株式会社 然|食のルネッサンス

ブラックスター ♪紀の川柿を食べよう!

秋ですね。
暑い夏がおわり一気に寒くなってきたように思えるこの頃ですが、
季節の変わり目は身体を壊さないように気を付けましょう。

身体に取り入れるもので、体調は整えられます!
身体は食べた物で出来ているのだから♪

さて、秋の食べ物で代表的な果物は柿でしょう!
今が旬です。
 

柿は大きく分けて甘柿と渋柿の2つに分けられます。
さらにそのカテゴリーの中に様々な品種が存在しますが、
今回は渋柿ならではの、面白い見た目の柿についてご紹介です。

日本で渋柿といえばほとんどが平核無(ひらたねなし)という品種ですが、
この品種から実は珍しくて、面白い柿が生まれます。

通常渋柿というのは甘柿と違い、渋抜きをしないと食べられません。
一般的な渋柿は、柿に炭酸ガスを使い、柿の渋み成分を取ります。
大量の柿を一度に渋抜きできるのですが、
この方法では柿の実がダメージを受けて柔らかくなったり、
物によっては渋みが完全に抜けないといったことが起きてしまいがちです。

一方で昔ながらの渋抜きはアルコールを使います。
焼酎をつけて密封することで渋が抜けます。
手間はかかりますが、アルコールでうまく渋抜きが出来れば、完全に綺麗に渋みが取れ、
食べた後の余韻もえぐみが少なく美味しいです♪
更に実がパリっとしながら渋みが抜ける為、とっても棚もちが良いのです。

少し話がずれましたが、
面白い柿の話に戻ります。

どん!

中身が真っ黒の柿を見たことがありますか?
実は上の写真の柿を切った中身です。

この柿、紀の川柿と呼ばれています。
品種は平核無(ひらたねなし)ですが、見た目が通常と違います。

なぜ、こんな色になるかといえば、

アルコールを使って渋抜きをするのですが、
加えて樹上に実が付いた状態でひとつひとつの実に袋掛けするのです!
そうすることで、タンニン(苦み成分)が結晶化して黒く現れます。

なんて手間だっ、、

しかし、その手間があったからこそ見た目の楽しさはもちろん、
味わいも通常のたねなし柿より渋みが少なく甘い美味しい柿になるのです♪

然では、この紀の川柿を栽培期間中、
農薬化学肥料一切使わず栽培している農家さんのものを取り扱っています。
ぜひ、一度この秋にお試しくださいませ♪

 

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆
e-mail
office-ashiya@zen-marche.com

卸  売:http://www.zen-marche.com

株式会社 然
兵庫県芦屋市大原町9-1-806
T E L 0797-35-3120
 「食の川上から川下まで」

  ~然は野菜を売る会社ではありません。
     『野菜の価値を売る会社』です~
     
◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆

 



お問い合わせはお電話またはメールフォームより