さつま芋は砂地が一番!-株式会社 然|食のルネッサンス

さつま芋は砂地が一番!

1月も終わりになり、2月も目前。

この季節になると、秋から出回っている「さつま芋」がより一層美味しくなります。
デンプンがしっかりと糖化し、より旨味が増すのです。

ところで、さつま芋は鹿児島などが一般的に有名ですが、
日本料理のトップクラスの料理人が、共通して選ぶ基準があります。

それは、砂地で栽培されたさつま芋。
国内ですと、五郎島金時、坂出金時、鳴門金時といったブランドがありますが、
これらはすべて砂地です。

他の産地と味の違いは、甘さを砂糖に例えると、
一般的なものが「上白糖」だとすると、砂地栽培のさつま芋は「和三盆」といったところでしょうか。

もちろん、作り手によって味の差は明確にあります。

そんな砂地栽培の中でも素晴らしい完熟芋が入荷してきました。
芋の糖化は焼きが一番ですが、この芋をオーブンで焼き上げると、それだけで素晴らしいスイートポテト!!

味の記憶というのは凄いもので、一年たっても
こういった素晴らしい味はしっかりと覚えているものです。

ちなみに、芋の食べ方で身体の糖の吸収は大きく変わります。

このお話しはまた、別の形で・・・

 

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆
株式会社 然

HP: http://www.zen-marche.com
  http://justice-j.ne.jp/

FB: https://www.facebook.com/zen.marche

 ~「食」のルネッサンス
     あるべきものを あるべき姿に~
       
◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆

 



お問い合わせはお電話またはメールフォームより